読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クアラルンプール一人旅行記

KLIA2から市内までバスで

私が降り立ったのはKLIA2という格安航空会社向けのターミナルにもかかわらず、真新しく小ぎれいな建物で第一印象は良好。

市内へ出発する前の準備として、両替えをし、水を買って、トイレを済ませてからバスに乗り込む。

クアラルンプール国際空港第二ターミナル(KLIA2)から市内へ格安バスで行く

 

きれいに舗装された広い道路をバスはひたすら進んで行く。空港を出た時は夕暮れ時だったけれど、日が沈んだ頃には辺りは新しいマンションが多いエリアで、都会に見えた。

クライマックスはやはり長い道路の向こうにペトロナスツインタワーが見えた時。クアラルンプールに来た実感と期待が高まる。これは良い演出。ここは撮影ポイントだった。

KL Sentral宿泊

KL Sentral(クアラルンプール中央駅)に到着すると、近くでホテルを探しました。

この辺りはBrickfieldsというインド人街とは言え、特に見どころはありませんが、滞在するのには便利なエリアです。ホテルや大衆食堂、コンビニも多いです。Nu Sentralというモールの両替所は意外にも一番レートが良かったです。

翌朝の様子。

f:id:gontama29:20160918123540j:plain

ホテルを決めて食事をしたら、モノレールに乗って最大の繁華街Bukit Bintangへ行ってみました。

 

中華街に引っ越し

翌朝、飲茶をしに中華街へ。KL SentralからKomuterでクアラルンプール駅へ。ちなみに、このルートは電車の本数が少なく不便だと後に判明。帰りはMRT(鉄道)のPasar Seni駅を使った。

f:id:gontama29:20161015154600j:plain

中華街には色々な中華料理があるものの、飲茶ができる茶楼がなかった。仕方なくお粥と油条、腸粉などを食べた。中華街にもたくさん宿があったので探したところ、安かったので引っ越すことに。

f:id:gontama29:20160920173333j:plain

その後数日を過ごしたクアラルンプール中華街の門。

イスラーム美術博物館

引っ越しした後、イスラーム美術博物館に見物へ。私の旅行スタイルは現地の人の生活を見ることに重きを置くので、観光スポットにはあまり興味がないです。

しかし、イスラムのことにも興味があったので行ってみました。

展示品を紹介すると:

  • 世界中の様々のモスクのミニチュア
  • 世界へのイスラム教の広がり
  • イスラーム宝物など

f:id:gontama29:20160918163615j:plain

イスラーム美術博物館自体にもドーム状になっています。ペルシャンブルーが美しいです。

KLCC

このエリアだけ他と全然違って、先進国と変わらない景色。大勢のスーツ姿。ジャケットを着ていないのでワイシャツ姿ではあるが。

ペトロナスツインタワーがあるのもここです。

f:id:gontama29:20160920202500j:plain